啓蒙的な人間は嫌い

  意識の高い人間に、啓蒙的でありがたい話を得々と聞かされた後で、聞いてもないのに「君の性格のこういうところが駄目」というような、とっても含蓄のある人格攻撃をかまされてうんざりした気分が続いてる。さっき人格攻撃は駄目って言ってたのによくやるよな。その時にもなんだかイラついてはいたけど、頭の理解が追いつかなくて反論が間に合わなかったのが本当に悔やまれる。


  啓蒙的で、努力家で、意識の高い人間が社会に適応できているとは限らないし、人間性がそうした要素に追いついているとは限らない。むしろ逆だと思う。


  こういうことに出くわす度に、目をキラキラさせて人生を素晴らしくする方法を語る奴だとか、おせっかいで的外れなアドバイスを聞かせて来る奴だとかが信用出来なくなる。そんなのは人類史上でカーネギーデカルト位で間に合っているのに、あいつらは自分の口から出る言葉と、それによって引き起こされると信じて止まない前向きな作用、そして脳内で分泌されるなにかに酔いつぶれていて、そんなことも理解できないでいる。カーネギーも人にアドバイスすんなって言ってたよな。


  少なくとも俺にはそんな言葉も思想もアドバイスもいらない。そんなことを聞かされても相手の事が嫌いになって、反啓蒙的な思想が強まるだけだ。


  大川隆法ドラえもん池田太作、先生、大学教授、真面目な学生、親、近所のおせっかいおばさん、早めに事が済んでしまったあとの風俗嬢、中卒の友達、ジャンキー、精神を病んで自殺した知人、俺の生き方とこだわりと強情さ、流れていくうんこ、隣の家から聞こえて来るお経、コンビニのトイレの汚物いれが開いていて変態の残り香を感じた夜、今もどこかで話されている下衆な会話、梅毒で変形した顔、方法序説、道は開ける、ネイチャー、ナショジオ……

  それらを内包する地球を包み込む宇宙、そしてそれを巨大なTOTO製の便所につっこもうとしている神。

  鳴り響く終末の音と、それでも止まらない便意、とりあえずセックスの相手を探し始める童貞たちとそいつらをぶち殺そうとするあらゆる狂信者たち。カルト教の奴らが集団自殺しても報じられもせず、みんな等しく重い梅毒にかかって上の顔も下の顔も著しく変形してしまいみんな不細工になって容姿の共産主義革命が起こる、世界破滅するもやむなしと思い、絶望し、後悔して助かりたくて色々な事を思い出そうとする、なんでもいいから励ましてくれと強く願う。そんな時に意識の高い言葉を思い出してもイラつくだけだし、そんなこと直接言って来る奴がいたら間違いなくぶっ殺す。

はっきりしているのは台所が汚れていることだけ

 何もかも思い込みなんじゃないかと思う。俺を思い悩ませるあれもそれも楽しかったこともないもかも全部。実際には少しのやり取りと、ねじ曲がってゆく認知と俺の性格とがあるだけで、ただ出来事があって、それだけなんじゃないかと思う。まぁ当たり前だといえばそうなんだけど。

 俺の、俺のしみったれた太った引きこもりの不細工な犬かなにかがひねりだした糞のような人格が糞の生産工場になっているんじゃないかと思うのだ。

 糞な世界、糞な人間、糞な建物、糞な床、糞な天井、糞な家電、糞な家、俺はありとあらゆるものが糞に思えて仕方がないが、世の中の人はそのようにして物を見てないようだし、多分俺が糞なんだと思う。


 糞パーソナリティで、自らの糞心象世界に糞を塗りたくり続ける糞が俺。俺がうんこでうんこが俺で。水洗トイレによって死んでしまった糞と時間を超えて入れ替わって糞の名を聞きたい、いや聞きたくない。そういうのは変態同士で勝手にやっていて欲しい。


 今日も寝つきが悪いし腰が痛いしそれでも朝はやってきて家を出なければいけなくなる。


 物心ついたときから、なんとはなしに生きづらさのようなものを感じてきたけれど、その感覚とは死ぬまでずっと付き合っていかなきゃいけないことはわかっている。だけれど、諦めはついているが、折り合いはまだついていない。



冬になると鬱になる

 毎年、冬になるとつまらないことを気にかけたり、つまらないことで苛々してしまったりして最低な気分になる。そうしてそんな自分に対しても腹が立ってしまう。なので、上記のような現象が起こって腹が立つのか、腹が立っているからつまらないことを気にかけたりしてしまうのか、最早わからない。そしてそういった状況に対しても苛々し始めるので救いがない。あ、あと自己嫌悪のレベルもやばい。何に対しても自棄になってきてある課題で初めて再提出を食らった。本当くそ。

 自分自身の心の状況について考えるのは現実の世界に生きていないカスのすることだ。だからこんな状態を長引かせてはいけない。そう思って、今の自分からなるべく遠い遠い、笑えて頭をからっぽにできる物を観賞しようと思ってとある海外ドラマを観たのだけど、最低だった。夏ごろにはもう少し楽しく観られたはずなのだけど。今の自分にとっては、妙にこじゃれた生活をしている仲良しな男女のグループが恋愛や出産に翻弄されつつもつらいことがあったら気の利いたジョークで乗り切って云々なんてものはそれこそ現実の世界とは全く無関係なもので、長い年月をかけて嫌味のスキルだけを高めていったお局様が自由が丘でひねった赤ワインとオリーブオイルとオリーブで構成されたピアノジャズ風のうんこよりも醜悪で嘘っぽいもののように思えて却って憂鬱になってしまった。

 日照時間が伸びることを祈って。

風呂入って寝るだけ

 なんだか頭の中がとっちらかってる気がして、ノートに適当な言葉を書きなぐったのだが支離滅裂過ぎて笑えた。俺の頭には秩序というものが欠けていることがよくわかった。  

  ホームレスを見る時の俺の目、好きな人間を見る時の俺の目、朝死にそうな顔で歩いている時の、居心地の悪い時の、苦手な人間と話している時の、シコっている時の、俺の目。

  男女問わず、いい奴そうで誰にでも優しい奴っていうのを見る度にこいつは怪しいんじゃないかと思ってしまう。そういう奴らに限ってどうしようもないネタでオナニーしていて、頭の中で人殺しまくったりしてるサイコ野郎なんじゃないかと思う。そもそも、生粋のいい奴じゃない人間がいい奴を演じたってどこかで綻びが出るものだし、そんなものは鬱と自滅への道だとしか思えない。まぁ、俺には関係のない話だけど。誰しもにペルソナはあるものだと思うが、それを選び損ねると大変な事になる事だけはわかるつもりでいる。

  今晩も上の階の住人はうるさいし、俺は不眠気味だ。冬を前にして焦っているのか、この二日間でゴキブリを何匹も見た。ゴキブリにはゴキブリの生活があって、俺には俺の生活がある。家にも二匹程ゴキブリが出てきたので洗剤をかけて殺した、不幸な生活の重なり合いでゴキブリの命が散った。俺はなんとなく手を合わせた。

 

シンクのゴミ受けにいる微生物のような

 近頃、本当に!みんなして器用に生きている事にびっくりさせられる。

 どうしようもなくとろくて、見るからに駄目そうな奴だって、俺よりは何千倍も強かに生きてるなんてゲンナリだよ。

 嫌いだ嫌いだって言ってる奴と、そんな事をしなくちゃいけない義務なんてないのにわざわざ喋ってみたりだとか、親切なフリをして余計な事を伝えてみたりだとか、余計な争いを避けて避けて通りたがる割には、近所の歯垢がたまりすぎて口からラーメン二郎の臭いがするババアがやるような下世話な真似カマすのが大好きなんだからどうしようもない。

 ヌメヌメした集団と、それを構成し成り立たせている細菌、どれもゾッとする。ハッカかけてアルコール塗りたくって洗剤をたっぷりつけた固めのスポンジで擦りまくったあとに、念入りに漂白してから燃やして、その灰を世界で一番汚い川に流したい。

 もう大人なのに未だに色々な事を割り切れないし、なんにも上手にならない。

話せば話すだけ孤独になる糞餓鬼のまま、歳をとってしまった。

 人と話すと疲れてしまう。たとえそれが、親しい友達との会話であってもそうだし、そうでない相手と話した後だともっと酷い。

 

 俺が、腹の底から糞のこびりついた言葉を吐くのをためらい、咽頭のあたりで糞をこすり落として話すと嘗められるか伝わらないかでバキュームカーの内部で窒息死寸前の子リスの様な気分になるし、そういった配慮をせずに話したら話したで碌なことにならない。

 

 どうしようもないカスが嫌味を言ってきているのを、気づかないフリをしてー負い目があるばっかりにー綺麗に捌いてしまった日なんかは、そういった場面での自分の手際のよさに驚かされると同時に本当に最低な気分になる。あと、内輪の話で盛り上がっているときに、近くに顔見知りがいることに気づいたり。以前なら知るかって感じだったが。

 

 最近は、上手く糞みたいな場を乗り切ろうが、楽しい会話をしようが、後味が悪い事が多い。しばらくはなんともなくても、ボディブローのようにじわじわと効いてくる。それがなんでもないようなことであっても。

 

 歳をとるにつれ、余計な分別がついてしまったばっかりにどんどん生き辛くなっていくのを感じる。久しぶりに思いっきりキレたい。怒るべきところでどんどん怒っていきたい。人が寄り付かなくなっても。もともと、他人に期待しないようにしていたし、人が嫌なのだから。

 そして、猫と犬と恋人といっしょにどこかに隠遁してしまおう。心を開ける存在が一人でもいてよかった。

 

 雪がなかなか溶けきらない。

 

 

賢い奴はとっくに死んでる

 ブドウ糖の不足した、または供給過多な頭を抱えて、明日のことや美容室の予約のことだとか、色々な事に頭を巡らせようとするけれど、どうにも上手くゆかない。

 鶴瓶の側頭部の髪の毛のように、強く勇ましく生きていきたい。いや、むしろ透明になりたい。

 目は濁り、口は歪み、鼻はまがり、舌は鈍く、耳は錆びてしまった。

 錆びたナイフで体を切りながら、破傷風になるかどうか賭け続けているような毎日。むしろそれを待っているのか。